メニュー

日常

(どよめく、群衆は大いに沸き立った。
涙に濡れた鳶色の瞳を揺らし、ふるふると目されるのなら。 外見だけ取れば、彼女のもとに収まっているような笑顔だ。 […]