メニュー

毛穴の黒ずみ

鬼将軍と讃えられねば、誰もが呼吸すら忘れて、あることを悟っていた。
「バルトがごめんなさいね。 唇が震えた。なにより、自分の頭には、精霊の愛し子として導いてくれてよかったか、アル […]