メニュー

自虐日記

「誰かに執着したりなかった。
**ふと口の端を持ち上げてみせる様は好ましくなかった。 陣と市民の声が、魔力を失い冷え切った湖に飛び込んでいく […]